相続放棄

  • 不動産の名義変更・相続登記
  • 相続放棄
  • 公正証書遺言

場合によっては相続放棄が有効です。

場合によっては相続放棄が有効です。

相続が発生すると、相続人は財産も相続しますが借金も相続することになります。借金を相続することを防ぐには、相続放棄という方法があります。
また、他の相続人と関わり合いを持ちたくないというようなケースでも、相続放棄は有効です。
司法書士は、相続放棄の手続きを全面的にサポート致します。

司法書士による相続放棄サポート

相続放棄は、家庭裁判所に申し立ててする、専門的な手続きです。
司法書士は、戸籍等の必要書類の取り寄せや、相続放棄申述書の作成、申述書提出後に裁判所から送付される書類(照会書)に対する対応などのお手伝いをします。
相続放棄の手続きには3か月の期限がありますので、期限内に確実に手続きを完了する必要があります。司法書士にご依頼いただければ、相続放棄の申述が受理されるまで、手続きを徹底サポート致します。

相続放棄の手続きの流れ

相続放棄すべきかどうかの検討

相続放棄すべきかどうかの検討
相続財産と負債の状況をお聞きし、相続放棄の手続きをすべきかどうか検討します。

戸籍等、必要書類の収集

戸籍等、必要書類の収集
司法書士が職権で戸籍等の必要書類を収集した後、相続放棄申述書を作成します。申述書をご自宅に郵送しますので、ご署名のうえご返送ください。
ご返送いただいた申述書を、司法書士が家庭裁判所に提出します。

家庭裁判所からの照会

家庭裁判所からの照会
相続放棄の申し立てをしてから約1週間程度で「照会書」という裁判所からの質問が送られてきますので、回答を記入して裁判所に返信します。

相続放棄の受理

相続放棄の受理
照会書に対する回答を送ってから約1週間程度で、家庭裁判所から相続放棄の申述を受理した旨の通知書が送られてきます。
これで相続放棄の手続きは完了となります。

相続放棄に関してよくあるご質問

皆様より、よく頂くご質問・お問い合わせをまとめました。

被相続人の生存中に相続放棄をすることができますか?
相続放棄は、相続発生後にしかすることができません。
相続放棄の3か月の期限を延長することができますか?
相続放棄は、自己のために相続があったことを知ってから3か月内にしなければいけませんが、相続財産の調査に時間がかかる場合など、3か月内に判断ができなければ、家庭裁判所に申述期間の延長の申立をすることができます。
相続放棄をすると生命保険金は受け取れなくなりますか?
被相続人が掛けていた生命保険については、生命保険の契約上指定されている受取人が相続放棄をした場合であっても、受け取ることができます。生命保険金は相続財産ではないためです。
相続放棄をすると遺族年金は受け取れなくなりますか?
遺族年金の受給権者が相続放棄をした場合であっても、遺族年金を受け取ることができます。
相続放棄することを、他の親族に伝えた方がよいでしょうか?
相続放棄をすると、今まで相続人でなかったが相続人となることがあります。たとえば、被相続人の子がすべて相続放棄をすると、親が相続人となります。
被相続人の残した借金があるような場合には、ご自身が相続放棄をすることにより相続人となる立場の方(次順位相続人)には、相続放棄をすることを伝えておいてあげた方がよいでしょう。

相続放棄の手続きのサービスの費用

  報酬(税別) 実費
相談 無料 無料
相続放棄申述書 30,000円 収入印紙800円・切手代400円程度
戸籍収集 1件1,000円 戸籍450円 除籍・原戸籍750円

※お二人目以降の場合や、3か月の熟慮期間経過後の場合には、費用が変わります。
※相続放棄の費用について詳しくはこちら:相続放棄の費用

ページの先頭へ